設備内容
FACILITY

オオノ工業の主な設備をご紹介します。

難しい金属加工にチャレンジする為には、人財の技術の高さは必須ですが、オオノ工業では、
積極的に最新の設備を導入して生産効率の更なる向上を目指しています。

門型マシニングセンタ
1500x2400

門型マシニングセンタとは、中厚、大板の穴、削り加工、フレームの穴を加工する機械です。
この、門型マシニングセンタを導入することにより、溶接後の加工ができて、精度が向上しました。

レーザー切断機
6KWファイバーレーザー
10段ストッカー

レーザービームにより金属材料等にわずかな時間で穴あけや切断加工ができます。
自動プログラミング装置で切断形状のデータを作成し、そのデータをCNC制御の加工機に読みこませることにより、自由な形状の切断が可能です。
レーザー切断機に自動でワークの搬入・搬出が可能な設備を接続する事により、無人での加工が可能となりました。

プレスブレーキ

革新的な精密加工技術とドライブ技術を採用したプレスブレーキ。
角度センサー付でL3000、230ton仕様です。

レーザー切断機

レーザービームにより金属材料等にわずかな時間で穴あけや切断加工ができます。
自動プログラミング装置で切断形状のデータを作成し、そのデータをCNC制御の加工機に読みこませることにより、自由な形状の切断が可能です。

レーザー切断機

ドリルセッター

長尺物の加工ができ、ミーリング加工も可能です。
L3000×W400×H200のワークサイズ対応。

ドリルセッター

マシニングセンター

高剛性フレームで主に重切削機械加工を行います。
ワークサイズL1400×W600×H500に対応。

マシニングセンター

プラズマ切断機

高エネルギー密度のプラズマにより金属を溶解し、切断する加工機です。
自動プログラミング装置で切断形状のデータを作成し、そのデータをCNC制御の加工機に読み込ませることにより、自由な形状の切断が可能です。

プラズマ切断機

溶接ロボット

1500×1000のワークに対応した溶接ロボット。
品質安定、スピードが速いです。

テキストテキストテキストテキスト

ページトップ